10月 1 2013

エレベーターのメンテナンスに対する情報

エレベーターを管理している方ならご存知かもしれませんがエレベーターには月に一回のメンテナンスを行い、その結果を特定行政庁へ報告するように義務付けられており、常に安全を確保するように努めなければなりません。

皆様が安心してエレベーターを使えるようにする為にも充実したメンテナンスを行ってくれる管理会社を選ぶようにしていきましょう。

エレベーターに対して行うメンテナンスの所要時間は大体一時間程で、点検に関しての項目は国土交通省から提案された仕様書に基づいて行われます。

また、点検する箇所や内容次第で点検する周期が異なっており、毎月点検しなければならない箇所もあれば、年に一回だけの点検で十分といった箇所も存在します。

メンテナンスにかかる費用については各管理会社によって異なっており、例えばフルメンテナンスを行っている会社であればエレベーターに関するヒアリングを行い、最低限必要な部分だけ点検を行う事が出来るのでベストな料金プランをご利用頂けます。

料金以外にも長い間エレベーターを止めている余裕が無い方に対してスピード見積もりを勧めている会社もあり、ある一定のデータを提出するだけですぐに終わらせる事が出来るので大変便利なプランの一つであると言えます。

管理会社との連絡を行う際には電話は勿論、FAXやメールでもお受けしている所が殆どなので連絡したその日の内にお見積りを済ませる事が可能です。
もし、少しでも異常が感じられた場合はエレベーターの稼働を停止してすぐにメンテナンスを行う事をお勧めします。
エレベーター メンテナンス

7月 31 2013

エレベーター保守点検の基本

エレベーターは建築基準法第12条により、年に1回の法定点検が義務付けられています、また国内では昇降させるための条件として、昇降機の全ての出入り口が閉じていること、と定められています。エレベーターのメンテナンスは年に1度とは言わず、約3ヶ月程度に1回は点検をしているところがほとんどです。

ではエレベーターって保守点検すればずっと載れるの?エレベーターは機器の老朽化によってリニューアルを検討するべきもの、最近は20年単位で積極的にリニューアルを検討するマンションの組合も多いそうです。エレベーターが新しくなれば資産価値も上がります。安全性も高まり、セキュリティ対策やバリアフリーにも効果がある、またデザイン性、省エネ性を高めるためにも役立ちます。

一般にどのような安全性が考えられるのでしょう?まずは地震、地震時はエレベーターは停止します、つまりかごの中に閉じ込められてしまいますが、初期の微動をキャッチしたら本震動が来る前に最寄階で停止し、ドアを開けてくれる機能を搭載しているものも増えています。また地震後には復旧できるかどうかを自動診断できるものもあり、レール、ロープ等の耐久性もアップし、補強対策についてもリニューアル時に検討されます。

ビル、マンション等のエレベーター保守点検費用は設備費用の中でも割合的に高い、どうしても安くしたい、という方に!不景気ですから、見直しは必須の部分でしょう。

エレベーター メンテナンス

7月 22 2013

体の負担を減らす人気のパナソニック ホームエレベーター

エレベーターはマンションや大きな建物用だけでなく、一般住宅用のホームエレベーターもあります。
最近人気があるのはパナソニック ホームエレベーターです。
戸建て住宅向けの小規模で省スペースなホームエレベーターが特に需要があり、ご高齢のご家族がいるご家庭に人気があります。
ホームエレベーターがあれば2階に楽々行けますので生活の動線が変わります。
重い荷物を上階に運ぶ際にも活躍します。

パナソニック ホームエレベーターは愛犬家の方にも人気があります。
実はワンちゃんが自分で階段を昇り降りすると体に負担がかかり、関節の疾患が生じる可能性が高くなります。
小型犬なら抱きかかえて昇り降りできますが、大型犬だと抱きかかえるのは困難です。
ホームエレベーターを利用すれば愛犬の体に負担をかけることなく昇り降りが出来るので安全・安心です。
オプションで愛犬のニオイを抑制するナノイー発生装置を導入することも可能です。
ホームエレベーターもどんどん進化していますし利用者も増えています。

ホームエレベーターも一般的な大きなエレベーターと同じくメンテナンスを必要とします。
建築基準法第12条で定期点検および報告が義務付けられているため、最低でも年に1回の点検してもらう必要があります。
頻繁に利用する場合は年1回では少ないですので2~3ヶ月、または半年に1回はメンテナンスしておくことをおすすめします。
騒音や異音をそのままにしておくと故障につながりますし、安全性にも問題が発生しますのでおかしいなと思ったら早めに補修してもらいましょう。

パナソニック ホームエレベーターのメンテナンスに対応してくれる会社はこちら

エレベーター メンテナンス

7月 22 2013

付加機能が充実している日立のエレベーター

日本の三大エレベーターメーカーは三菱、日立、東芝です。
日立グループでは日立製作所がエレベーターを製造し、日立ビルシステムがエレベーターの販売やメンテナンスを担っています。

日立のエレベーターは標準型エレベーター・アーバンエースをはじめ、病院向け寝台用、中低層共同住宅用、駅舎用、車いす兼用、機械室レス4人乗り、展望用、荷物用、非常用エレベーターなどを製造しています。
他にも二方向出入り口エレベーターや遮性能付きエレベーター、ホームエレベーターなど、日立は多様なエレベーターを製造しているメーカーです。
多様な用途に応えると同時にケアフルセンサーやマルチビームドアセンサーなど付加機能でもニーズを拡大しています。
マルチビームドアセンサーは40本の赤外線によって乗り降りをチェックしてくれるシステムです。
ベビーカーを押していたり車いすで乗り降りする際に手が塞がってしまいドアを開けておくのが困難ですが、マルチビームドアセンサーがあれば利用者が乗り降りしている際はドアが閉まらないので安心です。
日立は利用者に優しいエレベーターを作るメーカーです。

日立のエレベーターの保守およびメンテナンスは日立に任せることも出来ますし、独立系のメンテナンス会社に任せることが出来ます。
費用とサービスの充実度から判断するなら独立系の会社の方が優れていると言えます。

日立のエレベーターにも対応してくれるメンテナンス会社をお探しの方はこちらです。

エレベーター 保守

7月 18 2013

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !